LEIFHEIT(ライフハイト) ジャーオープナー エルゴフィックス コンフォートライン(ビンオープナー)

楽天市場でよく買い物をする私が一番感動した商品、それはLEIFHEIT社の【ビンオープナー】です。どんなハイテク機器が登場するのかと期待した方がいらっしゃいましたらすみません。でも本当に凄いのです!

フタをお湯につけて温める・滑り止めがついた手袋をはめる・100円ショップで買ったシリコン製のシートを使う等、どんなに工夫しても開かなかったジャムのビンがあっさり開いたのですから!

あまりに簡単だったので、開いた直後は呆然自失。しばらくしてから「えええええっ!?」と声を上げて驚きました。

今まで苦労はなんだったんだ! と心底思いましたよ。

嬉しいのは動力が人力であること。以前テレビショッピングでUFOキャッチャーのような電動式のものを見たことがあるのですが、電池が切れてたら役に立ちませんよね。

長さ21cm・幅6cmほどのハンドルタイプで、しまうのに場所を取りません。重さは約190g、必要とあらばキャンプやバーベキューにも持っていけます。

私はチャレンジしたことがないのですが、瓶ビールのフタも開けられるので一人(?)二役の有能さ。頑丈な作りで、うっかり落としても壊れません。子や孫の代まで使えそうです。

さすがドイツのメーカーLEIFHEIT社のビンオープナー。質実剛健、頼りになります。

実は、購入商品を決める前に友人や職場の同僚に聞いて回りました。共通の意見は「シリコン製のビンオープナーはダメ」。使いにくいだけならまだしも、ちゃんと開けられた人はごく僅かでした。「ベルトタイプは失敗が多い」という意見も複数ありました。

決め手になったのは、同世代の友人の「LEIFHEIT社のビンオープナーを母にプレゼントしたらすごく喜ばれた」という言葉です。

私はアラフィフの女性なのですが、「この先今以上に筋力が落ちても使い続けられる」と安心しました。

むき出しの金属パーツが非常に少なく、うっかり怪我をする可能性が低いのも、そそっかしい私には嬉しい点です。

購入する商品を決めた後、地元のお店で探してみましたが見つかりませんでした。諦めてネットショップにスイッチ。複数のネットモールをチェックしました。

そして、楽天市場で訳あり品を発見。他のお店が軒並み2,000円台なのに、それは4分の1以下という破格値でした!

通常なら一般には流通せず廃棄されるであろう商品も、使用に問題がなければ販売する。

消費者とメーカー双方に嬉しいことで、更に資源を有効活用できる上ゴミとして環境を損なわない、いいことずくめです。このお店で買えてよかった!

楽天市場があなたにおすすめする商品